主な施工写真例
work photo

A歯科医院漏水補修工事

工事をした
きっかけ

5年ほど前に一度この工事を請負っています。
この5年間で地震などにより再度の漏水が発生したので屋内への雨水の侵入を塞いでほしいと依頼あり。

工事データ

お客様のご要望

地震などにより再度の漏水が発生したので屋内への雨水の侵入を塞いでほしい。

まつみかけんの提案

シーリングの劣化が原因と考えられ鉄骨とガラスブロックの取り合いのシーリングの打替えとサッシ廻りのシーリングを打替えます。

施工内容 西面ガラスブロック廻りのシーリング材を打替える
〃 サッシ廻りのシーリング材を打替える
〃 ガラス廻りのシーリング材充填
南面コンクリート面のクラック補修と塗装
屋上防水面のトップコート塗り
築年数 -
使用塗料 - ハウスメーカー -
仕上げ色 - ご依頼のきっかけ -

施工前と施工後の比較

施工中の【重要ポイント】

鉄骨の梁・柱とガラスブロックの取合い部りのシーリング材の打替えを行ないます。

旧シーリング撤去
清掃
プライマー塗り
シーリング充填
完成

サッシ廻りのシーリングの打替えも行います。

旧シーリング撤去
清掃
プライマー塗り
シーリング充填
完成

防水層が傷まないうちに今回トップコートのみ塗り替え

屋上の防水材のトップコートが劣化しているので防水層が傷まないうちに今回トップコートのみ塗り替えています。この作業で防水材の寿命を5年以上伸ばすことが出来ます。
現況
防水トップ塗り

コンクリートの南面のクラック処理

現況のクラックは貫通している可能性がある為、低圧樹脂注入でエポキシ樹脂を注入しています。
低圧エポキシ樹脂注入

強力な撥水材を目地も含めて塗りこんで漏水止め

ガラスブロック面からの漏水も考えられるのでブロック間の目地にシーリングを充填することで水の浸入を塞ぐ事が出来ると考えました。しかしながら意匠性が変わるので、今回は強力な撥水材を目地も含めて塗りこんで漏水止めにチャレンジしました。

施工完了後がこちら

担当より一言

ガラスブロック面は撥水材のみなので何年か先には漏水が再発する可能性があります。
また各所のシーリング材も建物の揺れが大きくなればシーリング材が許容量を超えて破断し、漏水します。これからの漏水を塞ぐには定期的なメンテナンスが必要と思われます。

お見積もりやご相談などお気軽にお問い合わせください。

072-626-6111
受付時間
8:30〜17:30休業日:第二・第四土曜日、日曜日、祝日