よくあるご質問

question

Q&A形式で塗替え時期や塗装材についてご紹介します。

塗替えについてのQ&A

家の塗りかえって建ててから何年目で塗りかえるのですか。?
外壁の塗装材や、外壁パネル(窯業系・サイディングボード)・屋根材のカラーベストなどは耐候性を持たせています。屋根材は6〜8年、壁材(水性シリコン)は8〜12年だと言われています。だからと言って10年たってすぐに塗り替える必要は有りません。10年後すぐに塗替えが必要か、もっと先で良いかは立地条件で変わります。10年を目安にいつ頃塗り替えるか、塗替え金額はいくら位なのかの見積りを取られることをおすすめします。
何処へ見積もりを頼むのがよいのでしょうか?折り込みチラシ、ホームページを見ては迷っています。
シンプルに選ぶとしたら長年地元で営業されていて、施工実績が豊富なところを選べば間違いはないでしょう。また確かな業者を探す手段として大阪府が推称している「大阪府住宅リフォームマイスター制度」のホームページを覗いて見ますとリフォーム会社の団体が18団体登録されています。そこには165社近い信頼できる工事会社が登録されているので、外壁の塗替えや耐震補強工事、リフォーム工事など、お客様の用途に見合ったお近くの業者が見つかります。大阪府の自主行動基準に準じた業者なので安心できます。

お薦め機能性塗料

一番ポピュラーな塗替え塗料って何?
外壁水性シリコン塗料仕上  日本ペイント株式会社
(HP:http://www.nipponpaint.co.jp/)・他社多数あり
微弾性フィラー(下塗り材)を穴あきローラーで塗り、水性のシリコン塗料で仕上げる工法です。刷毛、ローラーなどの器具を使用するので飛散が少なくてすみます。メーカーにより微弾性フィラーの種類がアクリルだったり、エポキシだったり、弾性だったり特徴が異なります。仕上材もシリコン以外にフッ素、ウレタンなども選べます。
部屋が暑いので断熱して部屋の温度を下げたい
① 断熱塗料ガイナ  日進産業株式会社(HP:http://nissin-sangyo.jp/)
断熱塗料としては一番知名度が高い材料です。断熱や結露防止を探しておられる方にお薦めしています。7年前に弊社の屋上に、3年前に階段内部に施工しています。7年前に新築の外壁に塗装しています。どちらも写真を掲載しておりますのでそちらをご覧下さい。
② 熱を消す塗料 タフコート
熱交換塗料という名前を始めて聞く方が多いと思います。外壁や屋根が熱くなり25度を超えると部屋の温度が下がってゆく塗料です。最新の機能性仕上材です。(試してみることをおすすめします。)
ペットの臭いを消したり、ホルムアルデヒドを吸着分解する塗料って有るの?
漆喰塗料アレスシックイ  関西ペイント株式会社(HP:http://www.kansai.co.jp/)
ホルムアルデヒドを吸着分解します。鳥インフルエンザ菌や動物アレルギーに対し絶大なる効果があります。一番のお気に入りは消臭効果が高いことです。タバコ、ペット、トイレ、生ゴミ臭を分解除去するので臭いところに最適です。クロスの上にも塗れるので改修にも向いています。(弊社の事務所にも塗っています。)
外壁にカビや苔、藻が生えない塗料は無いのかな?
マスチックナノ  水谷ペイント株式会社(HP:http://www.polyma.co.jp/)
ナノテクノロジーにより塗料粒子を小さくしているので、汚れが付きにくく、一番の効果はカビが生えにくく、藻も付きにくいので、湿気の多いところにはもってこいの仕上げ材です。
壁にひび割れが多く雨漏りがする。
外壁防水塗料アロンウォールNEO  東亞合成株式会社(HP:http://www.toagosei.co.jp/)
接着材のアロンアルファを作っている会社の材料です。伸び率300%のアクリルゴムの弾力性のある防水材で、外壁を包むので再度のひび割れを防ぎ、雨から建物を守ります。雨漏りに対し10年間の保証が出る優れものです。

まだまだいろんな材料が有りますのでお気軽にお問い合わせください。

お見積もりやご相談などお気軽にお問い合わせください。

072-626-6111
受付時間
8:30〜17:30休業日:第二・第四土曜日、日曜日、祝日