主な施工写真例
work photo

T様邸外壁塗装他工事(トップコート塗り)

工事をした
きっかけ

弊社の前を偶然お客様が通りかかった所に、社員がいており『お家の塗替えとかできますか』と尋ねてくださった事がきっかけです。

工事データ

お客様のご要望

外壁に大きな凸凹の補修の跡がありキレイな壁に戻して欲しいとの希望。外壁・天井・鉄部・樋その他はアイボリー色を希望。
ベランダ床防水層が多数の箇所で膨れており、防水の補修及び新しい防水施工の希望。
又、天井のピーリング木目を消してほしいとの希望。
バルコニーのアルミの物干し骨組みを色を着けて欲しいとの希望。

まつみかけんの提案

外壁補修にて約2㎡程の旧外壁補修跡が目立っており、再度補修を行い前回の模様に合わせた塗装を行う御提案。ベランダ床では旧防水層などが多数膨れており、悪所部を完全に除去し補修し再度塗膜防水工事の御提案。天井の木目はウレタン樹脂塗装し、木目調を消す御提案。ベランダ手摺ではサビによる劣化で穴が空いており、溶接や手摺の交換をすると費用も高くなってしまうので、穴の開いている部分に錆止めを塗装し鉄部に巻く専用のアルミテープで包み塗装を行う御提案。バルコニーのアルミ骨組み塗装においては、アルミ用下塗り材を下塗りしウレタン樹脂塗装の御提案。
アルミの塗装は下塗りをきちんと選定しないと施工後、約1~2年ぐらいで剥がれてくる可能性があります。

施工内容 仮設足場工事 補修・シーリング工事 外壁塗装工事 屋根塗装工事 防水工事 波板張替え工事 築年数 およそ20年
使用塗料 エスケー化研 水性ソフトサーフSG 水性セラミシリコン(外壁塗装工事) 日本ペイント 一液ファインウレタンU100(塗装工事) ユニオン建材工業 エクセルテックス(バルコニー床防水工事) ハウスメーカー -
仕上げ色 SR-178 ご依頼のきっかけ

施工前と施工後の比較

施工中の【重要ポイント】

重要ポイント1

前回工事補修をきちんと補修し直していきます。

重要ポイント2

室外機を固定させているブロックがボロボロになっており、古いブロックを撤去し新しいブロックを設置します。旧防水が膨れているヶ所を丁寧に撤去し再防水(エクセルテックス)し直します。

重要ポイント3

アルミ塗装に下塗りを十分に染み込ませて、ウレタン樹脂塗装を行います。

重要ポイント4

バルコニーでは鉄部に穴が空いている部分をエポキシ樹脂系パテで穴埋めをし、アルミテープで隙間無く巻き塗装をしていきます。手摺撤去新設による溶接など、余分な工事費をこれで抑えれてキレイに仕上がります。

重要ポイント5

外壁塗装では高圧洗浄後もツタが壁にくっついており手作業で除去し残っているツタの芽をバーナーで燃やしていきます。芽を完全除去をしないと塗装後もツタは伸び続けるからです。

重要ポイント6

外壁はエスケー化研 水性ソフトサーフSG 水性セラミシリコンで塗装を行います。雨戸・天井・樋・他鉄部はニッペ 1液ファインウレタンで塗装。

施工完了後がこちら

担当より一言

工事前と工事後では建物全体を一色に統一し和風から洋風になりました。下廻りの塀の色はトーンを抑え強弱のある美観性の高い建物へと変わりました。
バルコニー手摺では簡易な施工方法を行い、施工後もキレイに仕上がりました。
バルコニーでは物干し屋根の骨組みも塗装を行い、新しい波板に取替え又、バルコニー床は外壁と防水の取り合いの線がきっちり出ており、膨れていた防水もフラットでライトグレーの仕上がりにより明るくなりました。

お見積もりやご相談などお気軽にお問い合わせください。

072-626-6111
受付時間
8:30〜17:30休業日:第二・第四土曜日、日曜日、祝日